間ッ比留真〜まっぴるま〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 父の個展。

<<   作成日時 : 2012/09/03 22:28   >>

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 14

大変長らくご無沙汰しております。

予てより計画しておりました、父の個展を無事開く事ができました。

とはいえ、本人は予定が決まった矢先に体調を崩し(抗がん剤の効き過ぎにより)、要介護の体となりました。

出歩く時は車椅子を要します(それでも1時間が限界)。

でも、文句ひとつ言う事無く、個展への意気込みを遜色させる事無く。

場所は

京都市中京区新町通り竹屋町北入の場所にあります”日本画材専門店 後素堂”にて。

では、いくつか作品を紹介しましょう。
画像

矮鶏(チャボ)

画像

瓢箪(ひょうたん)

画像


画像


9月1日(土曜日)〜17日(月曜日)まで。

開催日当日に写真をとりましたが、ご来場下さった方が多くて全部を撮影するのは無理でした。

また、作品数が多く、次の週で何点か展示を変える予定です。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
優しい作品ですね
等に最後のサルの表情
お人柄が出てます
とてもいい個展が開けてよかったですね!
タフィー104
2012/09/04 05:37
タッチがすごく柔らかくていいですね。
しかし、そんなに作品数が多いんですか?
すごいなぁ。
お父様の少しでも早いご回復をお祈りいたします。
らんぞー
2012/09/06 01:52
個展開催、おめでとうございます。

父上が回復されんことを。
ねこのひげ
2012/09/06 05:34
おめでとうございます。
個展を開くってやっぱり絵を書いている人にとっては一大イベントなんでしょうね。

入場者が多数なのはお父さんが描かれた絵の出来をを見ると納得です。
82式
2012/09/06 22:24
おぉ、これは綺麗ないろんな絵を
描かれていたんですねー。
自分もとある葬儀の時に亡くなった
祖父の模写が描かれたスケッチブックを
見たことがあったのですが
なんというか・・・鉛筆だけなのに
質感と暖かさが感じられて
とてもいい絵でした。
しかし個展に多数のお客様が
来られるのはひるまさんのお父様が
多くの人に好かれている証だと思いますよ。
ミスターZ
2012/09/08 03:20
個展開催 おめでとうございます。

そうだったのですね。
しばらくブログがとまっていましたので
心配していました。
お疲れ様でした。

優しいタッチの作品で素敵なものばかりです。

お父様 お大事になさってくださいませ。
smile
2012/09/08 11:23
おめでとうございます。
個展の準備は大変だったと思います。
お父さまの嬉しそうな顔を見たら、疲れも吹き飛びますね(^^)
どの絵も優しくて力強くて素敵です。
瓢箪の絵が好きだなぁ。。。
seaglass
2012/09/08 23:29
>タフィー104 さんへ
父の作品の中で最も多いのが「猿」の作品。
しょっちゅう嵐山の猿山公園に足を運んでいました。
猿の前ではポケットに手を入れてはいけないと教えてもらいました。
ひるま
2012/09/09 12:06
>らんぞー さんへ
今回出展した作品の他にも多数あります。
中には残念ながらキズが付いてしまった作品やホコリを吸い寄せてしまった作品もあります。
人の手に渡った作品も結構あります。
ひるま
2012/09/09 12:09
>ねこのひげ さんへ
個展を開いてから、幾分か元気を取り戻したようです。
お見舞いに来られるのが一番の薬なのでしょうね。
ひるま
2012/09/09 12:11
>82式 さんへ
計画が立ってからずいぶんの時間を要しました。
場所もさることながら、作品が個展という舞台に見合うものなのかを一番気にかけていました。
絵の会で、大勢の方と一緒の展覧会を開いているものでもそういった心配をするんだなと感じました。
ひるま
2012/09/09 12:16
>ミスターZ さんへ
実は驚いています。
画廊の方も、これほどまでに大勢の方が来られている事にも驚かれていました。
ひるま
2012/09/09 12:17
>smile さんへ
介護事業が盛んになってくれいるおかげで、非常に助かっています。
思いもよらない道具があって感心ばかりしています。
本人も、最初のうちは家族に「すまない」と謝っていましたが、思う以上に便利な道具に恵まれて”苦労”なるものを表に出さなくて済んだおかげで、本人の気持ちも和らいだようです。
ひるま
2012/09/09 12:21
>seaglass さんへ
我が家のは父のアトリエはなく、寝室で絵を描いており、寝るときはいちいち片付けてと忙しくしていました。

ひるま
2012/09/09 12:23

コメントする help

ニックネーム
本 文

マイリンク集

父の個展。 間ッ比留真〜まっぴるま〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる