間ッ比留真〜まっぴるま〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 北野をどり。

<<   作成日時 : 2012/04/04 22:30   >>

ナイス ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 12

先日(4月1日の日曜日)に、京都上七軒歌舞練場で行われている“北野をどり”を見に行ってきました。

京都に住んでいながら、舞妓さん、芸妓さんの踊りはおろか、本物を間近に見るのさえ初めて。

花見小路通りなどで歩いているのを見かけることはあっても、です(素人さんが変身している“なんちゃって舞妓さん”もよくみかけるし、一発で見分けが付く)。

踊りを見る前に。

お茶席券付のチケットを買っていたので、まずは茶席に招かれて。

お茶請けのまんじゅうと共に抹茶を頂きました。

お皿はお持ち帰り可。
画像


さて、演目は。

第一部が舞踊劇「愛してならぬ人」。

カッパの娘と人間の男性との恋物語。

第二部が純舞踊の「常盤の寿(ことほ)ぎ」

男性踊りと女性踊りを組み合わせた伝統的な踊りです。

フィナーレは「上七軒夜曲」

舞台に登場した総出の華やかな踊りでした。
画像


あらかじめ、「写真などの撮影はご遠慮願います」とのコトだったので、残念ながらパンフレットのみの表記。

見に来て良かった。

¥4500−は決して高くない(お茶席券付)と感じました。

むしろお得感満載!!

他にも、都をどりや鴨川をどりもあるし、縁があったら、ぜひ見に行きたいな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 18
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
意外と有名所って地元民は行ったことがなかったりしますよね。
東京から転勤してきた人のほうが、休みのたびにニセコだの富良野だのいろんなところ制覇して、あとから転勤してきた人にあーだこーだアドバイスしているのを見たことがあります。
私より詳しいじゃないかと…(笑)

饅頭と抹茶ですか。
いいですなぁ〜。
美味しいんですよね〜、お茶に和菓子。
らんぞー
2012/04/05 00:36
京都はなんどか行って、舞妓さんにも出会いましたが、をどりはテレビでしか観たことないです。
外の人のほうが詳しいことは確かにありますね。
東京生まれの友人で東京タワーに一度も行ったことがないというのがいました。
写真を写す時間を設けてくれるとうれしいですけどね。
ねこのひげ
2012/04/05 06:08
僕も東山界隈に住んでいたのに、伏見稲荷とか東福寺に行ったことがないんですよねぇ(^_^;

北野をどりですか・・・名所に行くのもいいですが、京都らしさを満喫するのにはこれが一番かもしれません =^_^=
よしお
2012/04/07 20:38
京都は近いのに遠い場所なんです〜(T▽T)泊りでないと廻れない^^;車で2時間もあれば行けるのにねえ。神社仏閣が大好きなので、ゆっくり行きたいんですよ♪ちなみにダンナさんは祇園祭とかを旅館?とかの2階から酒をちびりとやりながら眺めたいそうで(竜馬きどり?)w
ありんこ
2012/04/07 23:38
京都は伝統芸能が身近にあっていいですね。私は 職場の旅行のとき 京都のホテルの宴会で本物の舞妓さんが踊ったり 修行について説明するのを見たことが一度だけあります。
舞妓さんの格好って 女の子の憧れだから なんちゃって舞妓経験をしたがる気持ち 判るナァ。でも 町の中を歩くのは迷惑ですよね。太秦の映画村の中とかだけにすればいいのに。
丸み
2012/04/08 09:40
舞子さんのドキュメントで見たことがあります。
この舞台で踊る事は大変なことなんですよね。
素敵でしょうねぇ。
こちらの中学生は京都へ修学旅行へ行きますが、最近では舞子さん・芸者さんが宿泊先に来て踊ってくれるそうで、次女は喜んで帰って来ました。
男子は照れちゃって、大変だったとか(笑)
oriver
2012/04/15 17:11
>らんぞー さんへ
実際、名所で行ったことの無い場所は多々あります。
詳しい内容は、サスペンスの映像で知る事が多いです。
でも、金閣寺から次の場面転換で南禅寺に行っているのは、さすがに無理だと感じます。
ひるま
2012/04/15 21:53
>ねこのひげ さんへ
同感です。
他の人と一緒でも良いから写真を撮る機会を設けて欲しかったです。
ひるま
2012/04/15 21:54
>よしお さんへ
京都らしさですか。
以前は組紐屋さんに勤めていましたが、アレも京都らしさだったのかな。
ひるま
2012/04/15 21:57
>ありんこ さんへ
近くにあると「また、いつか行ける」との安心感から、結局行かず終いになってしまうケースが多々あります。
美術館のチケットをもらう事があるけど、結局行く事無く終わっているのがほとんどです。
ひるま
2012/04/15 21:59
>丸み さんへ
私は仕事でしか行った事がありませんが、友人の何人かは太秦の映画村にいってコスプレをしてきていました。
でも、なぜか皆、浪人の恰好。
今の自分を当時に例えたら・・・浪人だそうです。皆サラリーマンなのに・・・。
ひるま
2012/04/15 22:02
>oriver さんへ
何とも羨ましい修学旅行ですね。
私の時なんか、どれも体力勝負の修学旅行ばかりでした。
ひるま
2012/04/15 22:04

コメントする help

ニックネーム
本 文

マイリンク集

北野をどり。 間ッ比留真〜まっぴるま〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる